ヴィトンのダミエ

ルイ・ヴィトンは創設時より長年に渡り、常に流行に沿った新しいデザインと人々の時代のニーズを的確にとらえたデザイン性で、その人気を確固たるものとしてきました。

今でも常に新作を発表し続け、世界中のファンを魅了し続けています。

ルイ・ヴィトン愛用者達は、新しいモデルが発売すると次々と新作を購入し、常に最新のルイ・ヴィトンを追いかけています。

しかしその新しいものに注目が集まる背景には、ルイ・ヴィトンを代表する定番のデザインが人々の心を確かに捕えて離さない魅力を持っているからでしょう。

ルイ・ヴィトンの中でも、最も歴史が深く、ブランドの代表格として地位を築いているデザインが「ダミエ」です。

ダミエはチェス盤柄で、ベージュと茶褐色からなるデザインです。

創業者であるルイ・ヴィトンのイニシャルが組み込まれており、1888年代に発表されました。

当時よりヨーロッパで爆発的にヒットしていたルイ・ヴィトンは偽物やコピー品が既に巷に多く出回っており、模倣防止のためにダミエが作られたと言われています。

パリで当時開催されたヨーロッパ博覧会において、このダミエのデザインは金賞を獲得しています。

発売当時から今日に至っても、ダミエの人気は愛用者の間で大変根強く、ブランド買取業界でも需要が経ちません。

今やルイ・ヴィトンの代名詞と呼ばれるまでになりました。

またダミエの人気はそのデザインのみでなく、その高い品質にもあると言えるでしょう。

長年模倣品を排除するために追い求められてきたオリジナル品にしかだせない機能性と品質の高さこそ、何年たっても使い続けていける製品を世に送り出してきたのです。

このルイ・ヴィトンの良質を追求する高い技術もファンを惹きつける魅力であります。

そして何よりダミエには同じデザインでも、茶色とグレーのラインナップが取りそろえられており、その豊富なカラーによって男性女性問わず人気を博してきたのも事実です。

年代や性別にあったダミエを選べるのはファンにとってうれしいことですね。

もし使わなくなってもヴィトン買取専門店などありますしね!